会長方針  2022-2023年度

高橋郁夫
第69代会長 関 徹也
「ロータリーを識る、伊勢崎クラブの歴史と伝統を識る
みんなでクラブ価値を創造し、ロータリー ライフ を楽しみましょう!」

 

伊勢崎ロータリークラブに入会させて頂き、多くの会員の方と交流を持つことができ、ロータリークラブの奥深き素晴らしさに触れ、勉強し、自分の人生を成長させて頂いております。感謝・感謝です。
これからも皆様と共に成長していきたいと思っております。
さて、世界は誰もが想定してない新型コロナウイルス感染症がまん延拡大し、2 年以上の歳月が経過しています。当初はこのように新型コロナウイルス感染症が長期間終息しないとは考えておりませんでした。
結果、新型コロナ感染症が世界中にまん延してしまったことよって人々の生活様態、考え方に大きな変化が生じています。時代の変革期なのでしょうか。ロータリークラブの活動においても然りと思います。自分は変わらねば、創意工夫、進化は必須です。
今年度、RI会長ジェニファー・E・ジョーンズ氏はRIテーマ IMAGINE ROTALY(イマジン ロータリー)を掲げました。
夢を持ち、未来を想像し行動し達成しよう。
達成にはDEI=多様性(ダイバーシティ)、公平さ(エクイティー)、インクルージョンの重要性を理解することと述べられています。
RIテーマ、DEI、とても素晴らしく自分の心に響いております。

2840地区中野ガバナー地区スローガン
「みんなのロータリー、みんなでロータリー、さあ奉仕に出かけよう」
5つの中核的価値観(親睦・高潔性・多様性・奉仕・リーダーシップ)も基に行動します。
RIテーマ、地区スローガンを基軸にWith コロナ時 代の新しいクラブ活動を創造し、クラブ価
値をさらに向上させることが重要と考えております。
新しきを考える上において「ロータリーを勉強し識ること、諸先輩方々が築きあげて頂いている伊勢崎クラブの伝統と歴史を識ること。」
今年度、みんなで楽しく勉強し、知識をもって、「IMAGIN ROTALY 」 を実践していきましょう。
今年度のRIロゴの丸い輪は人々の繋がりを意味しています。

伊勢崎ロータリークラブ_RIロゴ
周りの点は私たちみんなでもあり、7 つの点はロータリーの重点分野も表します。RIロゴを心に刻み、クラブ一致団結で価値を創造し、ロータリーライフを楽しんでいきましょう。

重点目標

1.クラブ活動のすべての事業にさらにITを導入しDX化を進め、「世界の仲間たちと交流」し、「世界に広報」し、自己研鑽していく。

2.全員参加の魅力ある楽しいクラブ活動をさらに実行し、会員増強、仲間を増やしていく。

3.児童養護施設の卒業生へのスーツ寄贈事業をさらにバージョンアップし、児童支援基金制度を確立する。

4.医療現場への通訳機寄贈事業をさらにバージョンアップし継続していく。

5.「ロータリーを識る、伊勢崎クラブの歴史と伝統を識る」勉強会、炉辺会談をさらに充実していく。

数値目標

1.会員増強 新入会員 10 名以上 退会会員ゼロ

2.寄付 ロータリー財団 年次基金1人    150ドル~
            ポリオプラス1人  30ドル~
            米山記念奨学会1人 16,000 円~

以上